短期集中で取る|比較的簡単に取れて需要がある資格一覧

短期集中で取る|比較的簡単に取れて需要がある資格一覧



当サイトで掲載している情報について

● 通信講座・転職サービスについては口コミによる満足度が高かったものを厳選。
● 掲載するランキングはネットリサーチを使用して厳格な審査で掲載しております。
● 通信講座・転職サービスは対応、サービス内容、実績などをふまえて徹底的に詳しく説明。

一定数の需要があり、比較的簡単にとれる資格一覧

比較的短期間で取ることができる資格の取得にチャレンジしてみるのもオススメです。「持っているのがマイナスになることはない」というのが資格のいいところ。転職活動の思わぬ場面で役立つ可能性があります。

普通自動車第一種免許

意外と思われるかもしれませんが、どの業種でも無駄にならない資格といえば「普通自動車第一種免許」でしょう。自動車教習所に20日程度通い、試験に合格すれば取得できます。取得費用はおよそ30万円です。

自動車の免許は業務で自動車による移動が必要な仕事はもちろん、通勤にも役立ちます。特に現代は若者の自動車保有率が減っているため、持っているとプラスに働く可能性が高くなっていると言えるでしょう。バスやタクシーなど、お客様を乗せた車を運転できるに第二種免許や、大型自動車の免許などほかの資格取得の足がかりとすることもできます。


簿記3級

事務系の仕事で、すぐ取得できる資格といえば、日商簿記検定3級が挙げられます。100時間前後の勉強で試験に合格できると言われており、試験の合格率は40%程度です。

簿記の資格は、会計や経理の仕事募集では必須とされていることが多いため、それらの業種を狙うのであれば取得しておいたほうがいいでしょう。将来的にはさらに2級、1級とより上の資格を取得してステップアップにつなげるのも有効です。



食品衛生責任者

食品衛生責任者とは、食品を調理・販売する場所で必要になる監督者の資格です。合計6時間からなる講習を受けることで取得できます。飲食店や食品加工場などでの就職に活かすことができるでしょう。



ファイナンシャル・プランニング技能士3級

ファイナンシャル・プランニング技能士とは、顧客の資産運用を行う仕事で必要になる資格です。取得している人は「ファイナンシャル・プランナー」と呼ばれます。試験の合格率は5割ほどです。

この資格を持っていると、主に営業職で役に立ちます。資産運用、つまり保険や金融商品の営業を行う仕事につくことができるので、仕事の幅を広げることができます。



Microsoft Office Specialist(MOS)

ビジネス文書を作成する際、ほぼすべての企業で使われているといってもいい「Microsoft Office」に関する資格です。Excel、Word、PowerPointなどソフト別に試験が分かれており、スペシャリストとエキスパートという2つの難易度があります。スペシャリストの合格率は80%程度です。

業務でパソコンを扱う場合、Officeはほぼ間違いなく使用します。この資格を取得していれば、採用企業に「この人はOfficeを問題なく扱える」と印象づけることができるでしょう。