転職

転職するなら、資格が有利?

  • 2018.08.02

終身雇用制度の終焉 昭和の時代ならば、一度就職すると退職するまでそこで働く気概の人が多かったですが、平成になってからそのような価値観は見事に打ち砕かれました。 いまだに20代で入社し永久就職を考えているとすればかなり化石のような人です。 あるコンサルタントの話しによれば、会社の寿命自体も縮まっており、30年前に比べると10年ほど寿命が縮まっているためかつては平均40年ほどの寿命だった会社も今や30 […]

転職に有利な資格

  • 2018.07.14

資格ブーム 日本では一時期資格ブームと呼ばれる時期がありましたが、それはちょうど景気が悪くなった1990年代です。 それ以前は、フリーターなどといった言葉がはやっていたとおり会社に就職せずふらふらする人も多かったのですが、次第に会社員になることが最高の安定とまで言われるようになりました。その時必要になるのが資格で、資格さえもっておけばとりあえず生活できるだけのお金を稼ぐことができるといわれています […]

転職に使える資格とは?

  • 2018.07.08

転職になぜ資格が必要なの? 履歴書に資格欄が用意されている様子からもわかる通り、有している資格というのは個々が持っている能力が外部に伝えるために最も効率的です。 しかも、取得しているという事は定められている合格ラインを満たす程の能力を習得しているという裏付けにもなるので、転職活動をする際に企業の方に対して即戦力になるという事をアピールできるため採用を勝ち取りやすくなります。 ただし、今日においては […]

資格を活かして転職・就職

  • 2018.06.11

昭和時代の転職・就職事情 昭和の時代は、あまり資格を取得することに興味を持っている人はあまりいませんでした。 そもそも一定の職業を除けば、たいていの場合資格を持っていなくてもできることばかりだったからです。 もちろん、フォークリフトなどは倉庫業にとって必要なものになりますがそのような資格は運転免許証と同じぐらい簡単に取得することができるものですので、たとえ持っていなかったとしてもそれほど問題ないと […]

転職活動に役立つ資格って?

  • 2018.06.03

転職を考えても良い時期とは? 20歳代後半、あるいは早ければ入社直後から転職の考えがちらつくことがあります。入社直後のこの考えは単に社会人生活が苦しく感じてのことだったり、人間関係がうまく行かなかったりすることで思うことが多いように感じます。しかし30~40歳代からこの考えが頭をもたげてきたらこれは本当に現職を辞めて一からスタート、もしくは別の業種に就きたいと考えていると思っていいようです。 若い […]