転職するなら、資格が有利?

転職するなら、資格が有利?

終身雇用制度の終焉

昭和の時代ならば、一度就職すると退職するまでそこで働く気概の人が多かったですが、平成になってからそのような価値観は見事に打ち砕かれました。

いまだに20代で入社し永久就職を考えているとすればかなり化石のような人です。

あるコンサルタントの話しによれば、会社の寿命自体も縮まっており、30年前に比べると10年ほど寿命が縮まっているためかつては平均40年ほどの寿命だった会社も今や30年ほどの寿命になっているとされています。

そもそも大手の会社自体が倒産している現代において、永久就職をするどころか会社自体が先にすぐれてしまう笑えない状態になるでしょう。

転職が必要な時代

そんなときに考えるのが転職になります。

資格を取得することで前の会社よりも高い給料で働くことができる可能性があります。

もちろん、資格を持っていても使えないところもありますので、本当に資格が必要かどうかを見分けることも大事になります。

それだけでなく、資格がどのような業種に生かすことができるかが大事です。

せっかく転職するならば、資格を強みとしてくれるところを選ぶ必要がありますが、ぐらい的にどのようなものがよいか説明してきます。

建築関係

まず、建築関係ならば、建築士の資格は大いに役立つところです。

さすがに一級建築士まで取得すると事務所が開けるほどになりますので、それをもって転職する人は少ないですが、二級建築士を取得しているだけでも優遇して転職ができる可能性が高いです。

不動産館系

不動産関連の場合は宅建を取得していることで有利に働くことができるだけでなく、給料が上がる可能性も少なくありません。

その他の資格

行政書士の場合などは、何かの資格と併用していることが多いですが、独立するのは難しい資格ですのでそれほど大きな価値があるわけではありません。

ただし、給料が若干アップすることもありますのでそれぞれの会社の条件をよく確認しておきましょう。