宅建資格は転職に便利なのか?

宅建資格は転職に便利なのか?

宅建資格は転職で必要?

宅建資格は、不動産関係の仕事に就く場合には必要な資格と言えます。

新卒や中途採用で宅建の資格を持っている必要はありませんが、不動産の仕事をしていくうちにやがて宅建の資格を取得するときがくるに違いありません。

その場合には会社の方が補助を出してくれて資格取得の役に立てる可能性があります。

実際に不動産の販売を行う場合にはこの資格がなければそもそも成立しません。

宅建資格が有利なのはどんなとき?

では、前に不動産関係と違う仕事をしていた人が、宅建の資格を取得した場合に果たして転職で有利になるかが問題になります。

これに関しては、不動産業界の場合に関して言えば、転職するときに便利といえるかもしれません。優遇して雇ってくれる可能性がありますが、もちろん同じ資格を取得していてその人の方が能力が高ければ転職がうまくいくとは限りませんが、特にそのような特別な事情がなければ転職するのは決して難しくないことです。

いつまでに宅建資格を取得すべきか?

そこで、もし将来的に不動産関係の仕事を行いたいならば、早い段階で資格を取得しておくことが大事になるでしょう。

もちろん不動産会社に入ってから取得することもできますが、ある程度年齢が行ってしまえば資格を持っていることがとても重要になります。

それがなければ、就職できない可能性もあるわけです。

宅建資格は他の業界でも役立つの?

ほかの業界に転職をする場合果たして宅建の資格が役に立つかといえばほとんど役に立たないでしょう。

もちろん不動産関係の仕事以外でも、何らかの理由により役に立つ可能性もあります。

そのようなところは取得をしておいて無駄ではありませんが、そうでなければほとんど役に立たないといえるでしょう。

その資格を持っていたからといって、独立して仕事ができるわけではありませんので、不動産業界とその他一部限定で必要な資格と言えます。

これを取得するためには、1年ほど勉強することで取ることができますからそれほど難しいものではありません。

それゆえ、就職あるいは転職したとしても多少給料は違いますが大幅に上がるわけではありません。