飲食業界に転職を考えた際に持っていて役立つ資格

飲食業界に転職を考えた際に持っていて役立つ資格

飲食業界への転職でぜひ取得したい資格

飲食業界に転職する際にぜひ取得しておきたい資格はたくさんあります。飲食業界と言っても分野によって異なり、調理関係やサービス系、独立系が主な種類です。

調理関係

調理関係では調理師や製菓衛生師、栄養士や管理栄養士、パン製造技能士などがあります。

他にもふぐ調理師がありますし、野菜ソムリエも人気です。調理師は飲食業界ではオールマイティーの資格で、持っていて絶対に損はありません。日本独自の国家資格であり、食品の栄養や衛生、最適な調理法などの知識を持ち、安全で美味しい料理を提供出来る証明となる資格です。

サービス分野

サービスの分野ではソムリエやバーテンダー、レストランサービス技能士、チーズプロフェッショナル、ティーインストラクターなどたくさんあります。

どちらかと言うと、お酒など飲料に関する資格が多い傾向にあります。どれか一つを極めるのも良いですが、転職の際はいくつか持っておく方が即戦力になります。

中でも重宝されるのがレストランサービス技能士です。この資格は接客のプロだという証明で、飲食サービス系の資格で唯一の国家資格です。

サービス系の資格は、自分が転職したいお店の種類に合わせて取得する必要があると言えます。飲食業界はお店に転職するだけでなく、独立という道もあります。独立系はフードコーディネーターやフードアナリスト、食品衛生責任者などがあります。

今さら資格取得なんて??

飲食業界への転職と言えば、一般的に社会人になってからの転職になります。国家資格は年単位で学ぶ必要があるので、年齢的なことや費用の面で躊躇してしまうことも多いですが、資格は一生ものなので中年層や年配の人でもチャレンジしている人は多いです。

面接時に他の応募者と差をつけることが出来ますし、雇用側は即戦力となる人材が欲しいので資格の有無は大きく影響します。民間資格は国家資格よりも取得しやすいので、自分が好きな分野を磨き、資格として証明しましょう。

飲食業界は他の業界からの転職がしやすいと言われていますので、積極的に資格を取得して自分をアピールすることで成功に繋げることが出来ます。