転職に有利な資格

転職に有利な資格

資格ブーム

日本では一時期資格ブームと呼ばれる時期がありましたが、それはちょうど景気が悪くなった1990年代です。

それ以前は、フリーターなどといった言葉がはやっていたとおり会社に就職せずふらふらする人も多かったのですが、次第に会社員になることが最高の安定とまで言われるようになりました。その時必要になるのが資格で、資格さえもっておけばとりあえず生活できるだけのお金を稼ぐことができるといわれています。

もちろん、自分で独立して仕事を行う場合にはできない可能性もありますが、転職レベルならば問題なくお金を稼ぐことができるでしょう。

転職に有利な資格

では、転職する時に有利な資格はいったいどのような資格かといえば、やはり競争倍率は難しい資格は有利になります。

例えば司法書士などの資格を持っていれば、かなり高い給料でやとわれることは間違いないでしょう。もともと独立できるようなものの一種ですので、給料もそれなりにもらえるはずです。

また、一級建築士の資格を持っていると建築事務所で仕事ができる範囲が一気に増えるため、その資格を取得しているだけで給料がほかの社員よりも5万円以上を違うことも決して珍しくありません。

また、そこまで難しい資格でなくても、所有している方が有利な場面も少なくありません。

例えば、秘書検定二級などの資格は、秘書になるうえで必要なだけでなくマナーを重視される仕事に関しては非常に重要な役割を果たしています。接客業などがそれにあたりますが、必勝の勉強していた人は、社会人が一見しているようで知らないような真夏がしっかりと身についている可能性があります。

食べ物に関する分野では栄養士の資格はそこまで給料が上がるわけではありませんが、転職の幅を広げる点においてよいといえます。

それ以外でも、不動産業界で宅建を取得していれば転職した時に有利になるの間違いないところです。そもそも不動産会社に転職するぐらいならば、宅建の資格は必ず必要といってよいでしょう。