転職に使える資格とは?

転職に使える資格とは?

転職になぜ資格が必要なの?

履歴書に資格欄が用意されている様子からもわかる通り、有している資格というのは個々が持っている能力が外部に伝えるために最も効率的です。
しかも、取得しているという事は定められている合格ラインを満たす程の能力を習得しているという裏付けにもなるので、転職活動をする際に企業の方に対して即戦力になるという事をアピールできるため採用を勝ち取りやすくなります。

ただし、今日においては世の中に存在している資格の数が非常に膨大になっており、たとえ資格を有していても転職先の仕事の内容とは一切無関係のものであれば、採用試験に有利に働くといった事はありません。

専門的な資格

当然の事ながら弁護士や公認会計士、税理士や行政書士といったように法律系の仕事に転職したいと考えているのなら法律や税に纏わる資格の取得を目指してピンポイントに勉強し、医師や薬剤師なら医療系の資格取得を目指して勉強をしていくのが最善です。

コンピューターに関する資格

しかし、専門職を目指しているわけではなく一般職の中で有利に働く資格を取得したいと考えているのなら、現代ではコンピュータに関する資格を取得しておくべきです。

具体的にはITパスポートやMOSといった試験であり、ITパスポートはコンピュータをはじめとするネットワークの技術などのITに纏わる事柄の基礎知識を十分に得ている事を外部に伝えられるものです。
一見検定のように感じられますがれっきとした国家資格であり試験内容は経営戦略と情報管理、情報技術の3つによって構成されているためビジネスに関する総合的な戦力として認知してもらえます。

同じくIT系の資格としてはMOSがあり、MOSはマイクロソフトオフィススペシャリストの略名で、事務作業を行う上で必至な文書作成ソフトや表計算ソフト、スライド作成ソフトが十分に使いこなせる事を示す資格です。

グローバル化と資格

このようにITの分野が発達していて仕事を行うシーンもグローバル化しているため、TOEICを受けて高得点を獲得しておく事も転職には有利に働きます。