NLPの資格で転職を有利にする

NLPの資格で転職を有利にする

NLPは転職に有利なの?

最先端の心理学でもあるコミュニケーションツールのNLPは、取引相手との交渉や説得をするときに役立つ資格として、世界でも認められています。
NLPを学びプラクティショナーやマスタープラクティショナーなどの資格を取得すれば、転職時にも有利になると思うかもしれません。

日本でNLPはマイナー資格

しかし日本国内では、プラクティショナーやマスタープラクティショナーといった資格の知名度は低く、履歴書に記載しても高く評価されることはありません。
NLPについて詳しい人事担当者がいれば、積極的にコミュニケーションに役立つスキルを学ぶ人物として認められますが、国内ではマイナーであるために評価されることは稀です。

NLPで評価される秘訣

ですから面接などでプラクティショナーやマスタープラクティショナーについて尋ねられたら、しっかりと説明できるとうにしておくべきでしょう。
しっかりと説明し相手に理解してもらえば、NLPの資格を高く評価してもらえる可能性は高まります。

NLPで有利に転職するには?

NLPの資格を活かして転職をするなら、コンサルタントやカウンセラーなどの職業です。
コンサルタントやカウンセラーといった職業は、相手の懐に飛び込み本心を聞き出すコミュニケーションの能力が大切です。

そのためこれらの職業の求人では、実務経験に加え心理学などのコミュニケーションに関する能力も重要です。
NLPの資格を取得して入れば、コミュニケーションに役立つスキルを持っていると思われ、また常に新しい知識や技術を学び向上心がある人材と思われ有利になる可能性はあるでしょう。

NLPは面接でも有利!

また資格の有無だけではなく、NLPのスキルは転職活動中の様々な場面で活かすことができます。
例えば面接で面接官と会話をするときにも、NLPの資格を取得するために学んだことを活かして受け答えしていれば、信頼や評価を得ることが可能です。
転職活動で使用する履歴書に書けるだけではなく様々な場面で使えるスキルなので、習得しておけば転職を有利な方向に持って行くことができるでしょう。