心理学の資格で転職を有利にする

心理学の資格で転職を有利にする

新たな国家認定資格「認定心理士」とは?

心理学の資格を取得して転職を有利にする方法も考えられます。心理学の資格は数多く存在しますが、そのほとんどは民間のものです。2017年に国家から認定することが決定した公認心理師が設立されていますが、この資格が設定されるまでは、国家資格はなかったとの見方も出来ます。考えようによっては、精神保健福祉士や社会福祉士などが国家から認定された資格であるとも言えなくはありませんが、それでも数えるほどです。

臨床心理士は今後どうなる?

これまで臨床心理士の資格が心理学関連の大型資格として一般的には認められており、学校に必置となったスクールカウンセラーはこの臨床心理士を持っている人がほとんどです。しかし、公認心理師が設立されたことによって、臨床心理士は、将来的には役割を終えるとの見方をする人が業界関係者に多いです。したがって、心理学関係の仕事に転職して就きたいと考えるのであれば、この公認心理師の取得を第一に考えると良いと考えられます。

認定心理士を取得するには?

公認心理師を取得するのはあまり簡単な方法がありません。基本的には大学で心理学学部や心理学専攻で実験や実習の単位を取得しつつ卒業する必要があります。さらに大学院までいって2年以上在籍したうえで、多くの実験と実習の単位を取得して修了し、国家試験を受けて合格しなければなりません。この国家試験は、当面マークシートにすると発表されており、それほど難しくないといわれていますが、試験を受けるまでの過程がとにかく大変です。イメージとしては、法科大学院と非常に似ているといわれています。

現状では通信大学を卒業、修了することが出来ないので、すでに働いている人がこの公認心理師を取得するのはかなりの覚悟がないと難しいと考えられます。しかし、それでも取得すれば、心理学関係の仕事に転職するのはかなり有利に働くことは想像に難くありません。

これらの資格以外では、心理学専攻などで取得できる認定心理士というものがあります。この認定心理士は、通信大学を利用して取得することが可能です。