外資系転職に有利な資格

外資系転職に有利な資格

外資系企業で働く

日本の企業で働くよりも、外資系の企業でバリバリ働く道を選ぶ人が増えています。

しかし外資系の企業で働くためには、日本の企業に就職するのとは違った考え方をする必要があるなど、注意しなければならない点が多いです。

外資系企業で必要なスキル

第一に考えなければならないことは、どのようなスキルを身につけておく必要があるかという点だといえます。十分なスキルを身につけていなければ、外資系の企業でしっかり仕事をすることができません。

また、スキルを持っていることを証明するのは意外と難しいため、資格を取得しておくことが大切です。難しい資格を取得していることによって、高いスキルがあることの証明がしやすくなります。

外資系企業で求められる資格とは?

ただし、転職しようとしている企業の性質によって、求められるスキルは異なっていることに注意が必要です。いくら難しくても、求められていない資格を頑張って取得することには意味がありません。外資系企業転職を考えている場合は、たとえば次のような資格を取得しておくことが望ましいです。

最初に挙げられるのは、やはり語学に関わる資格だといえます。もちろん、英語検定のような誰もが簡単に取得できるものでは大した効果が期待できません。

語学と会計の両方のスキルが必要になる米国公認会計士のような資格を取得しておくと、外資系企業転職の際に有利な扱いが受けられます。

米国公認会計士以外には、BATICを挙げることができます。日本の企業に転職するときは、日商簿記検定の勉強をしておくことが必須だとされていますが、BATICは日商簿記の英語版ともいえる検定試験なのです。BATICの高いスコアを取得していれば、外資系企業転職をするときに経理などの知識があると考えられ、有利に扱ってもらえる可能性が高まります。

どのような資格でも、ただ試験に合格しているだけで確実に有利な扱いが受けられる保証はないので、できるだけ専門的な知識を増やす努力を続けていくことが大切です。