webデザイナーの資格で転職を有利にする

webデザイナーの資格で転職を有利にする

webデザイナーになるには?

webデザイナーになるには特に必要な資格は無く誰でもwebデザイナーを名乗ることが可能ですが、資格を取得していることで自身が持っているスキルをアピールでき関連業界への転職の際には圧倒的に有利となります。
その中でも最も人気となっているHTML5プロフェッショナル認定試験は特定非営利活動法人LPI-JAPANが認定する資格で、昨今webデザイナーの現場で主流となっているHTML5のスキルが求められます。
HTML5は全てのweb作成の基礎となることから、ファーストステップとしてぜひ取得しておきたいところです。

web業界に有利な資格・検定

ウェブデザイン認定試験

ウェブデザイン認定試験は特定非営利活動法人インターネットスキル普及協会が管理し厚生労働省が認定する国家資格で、3級から1級まで用意されています。
筆記試験だけではなく実技試験も実施されるため経験と実務能力が求められ、現場で通用する実践的なスキルが求められます。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は株式会社サーティファイが認定する資格で、その名が示すように基本的なスキルに加えてクリエイティビティが求められ、HTML言語の正解を当てるだけではなくデザインセンスも必要です。

アドビ認定エキスパート

アドビ認定エキスパートは、同社が製造販売しているwebや動画などさまざまな作成ツールの使い方の熟練度を認定する資格です。
資格取得者はAcrobatによるpdfファイル、FlashによるFlashコンテンツ、Photoshopによる画像など業界標準と言っても過言ではないツールに定評のあるアドビ製品を使いこなすエキスパートであることが証明されます。

製品個別の単一製品認定や、webスペシャリストやビデオスペシャリストなどジャンルごとの複数の製品をまとめた認定に加えて、同社の全製品を熟知したマスター認定が用意されています。

いずれの資格も業界での評価も高く、現場で即戦力となる高度なスキルを持っていることを証明するものばかりで転職の際には大きなアドバンテージとなります。