一般事務へ転職するのに必要な資格

一般事務へ転職するのに必要な資格

一般事務所に有利な資格とは?

一般事務へ転職するのに必ず取得しなければならない資格はとくにありませんが、持っていると有利になる資格はたくさんあります。

事務職は多様化してきており、求められる素質やスキルや知識や技術力はそれぞれの業種によっても企業によっても部署によっても異なりますし、仕事内容も様々です。ですので、資格を取得することに加えて対応力や判断力や処理能力やコミュニケーション能力なども高めて即戦力として活躍することが出来る人材になる努力をすることも必要になります。

事務職はミスマッチが多い!?

事務職はいつの時代もとても人気のある職種で、転職における競争率も高いです。少子高齢化社会が深刻になりつつある昨今、新卒者の採用のみでは人材を確保することが難しくなってきており、ミドル世代の転職市場はとても賑わっていますが、企業と求職者のミスマッチも生じています。ライバルや新卒者との競争に勝つためには、企業はどのような人材を求めているのかを正しく理解することが大切ですし、自分をしっかりとアピールすることも大事です。

そこで武器になるのが資格です。書類選考を通過するためには、事務職に役立つ資格を持っているに越したことはありません。ですので、スキルアップのためにも転職を成功させるためにも積極的に資格を取得しましょう。

一般事務への転職に有利な資格はこれ!

一般事務への転職に必要な資格は具体的にどのようなものかというと、簿記検定や秘書検定やファイナンシャルプランナーやMOSや文書情報管理士や給与計算実務能力検定やビジネス実務マナー検定やビジネス電話検定などがそれにあたります。これらの資格は持っていると転職が有利になり企業側からも好印象で信頼や信用にもつながりますし、持っていることで自分に自信が持てるようにもなります。

武器は多いに越したことはありませんので、スクールに通ったり問題集や参考書を購入したりして勉強して資格取得を目指しましょう。希望する業務によっても取得すべき資格は異なりますので、きちんと見極めることも大切です。