転職活動に役立つ資格って?

転職活動に役立つ資格って?

転職を考えても良い時期とは?

20歳代後半、あるいは早ければ入社直後から転職の考えがちらつくことがあります。入社直後のこの考えは単に社会人生活が苦しく感じてのことだったり、人間関係がうまく行かなかったりすることで思うことが多いように感じます。しかし30~40歳代からこの考えが頭をもたげてきたらこれは本当に現職を辞めて一からスタート、もしくは別の業種に就きたいと考えていると思っていいようです。

若いときは世間を大きく知らず、自分の労働環境や人間関係が特殊で、同じ業種の別の会社に入れば、また違った良い環境を得られたり良い上司に恵まれると考えがちですが、時間が経ちいろいろな種類の会社実情を知ったり転職活動をしてみると、案外自分の会社はまともだと思えるようになることが多いように感じます。

転職って難しいのでは?

30~40歳代あるいは50歳代からの転職活動は難しいと言われ、全く別の業種の仕事に就こうと転職活動をするとなると、その仕事に有利な役立つ資格を取っておく必要があります。宅地建物取引士(宅建)・土地家屋調査士・マンション管理士などの資格を持っている人は年齢に関係なく不動産業界では需要があります。不動産業を営む営業所では従業員の5人に1人以上の有資格者が要るなどの条件がありますし、建築関係の仕事に就こうとするときも宅建の資格で得た知識は、大いに役立つ資格と言えるでしょう。

転職に役立つ資格とは?

医療・介護関係の資格も持っていると転職に役立つ資格です。介護や医療の現場では人手不足が深刻で、常に人材を求められている分野で、医療事務・介護福祉士・ケアマネージャー・調剤薬局事務などの資格がこれに相当します。現在全国どこでも求められる人材ですから、両親の介護などで故郷に帰らなければならなくなったなど、生活環境の変化にも対応できる職種です。

取る前によく考えたほうがいい資格もある!?

他にも持っておくと転職活動に有利になるものがあり、例えば経営コンサルタント・中小企業診断士・社会保険労務士などありますが、いずれも人と折衝したりコンタクトをうまく取らないと成り立たない職業ですから、自分に向いているかをよく考えないと再び転職を考えるようになりますの熟考が必要と考えます。