宅建の資格!資格をゲットして転職に成功しよう

宅建の資格!資格をゲットして転職に成功しよう

不動産業界に役立つ資格とは?

不動産を取り扱う業界での仕事をしたい場合には、宅建の資格をゲットしておくことが望ましいとされています。新卒で入社するのであれば、特別な知識・スキルなどを持っていなくても採用されるものですが、転職活動をするに当たっては資格を持っているかどうかが大きな意味を持つのです。

なぜ宅建の資格が有利なの?

転職活動でもっとも重視されるのは、提出した応募書類の内容や面接での受け答えなので、宅建の資格をゲットしているかが最重要というわけではありません。しかし、他の条件がほとんど変わらない応募者が複数いたような場合、宅建の資格が最終的な判断材料になることもあるわけです。

宅建の資格を取るうえで気をつけることは?

気をつける必要があるのは、宅建の勉強をすることにばかり時間を取られ、応募する企業の研究などが中途半端になってしまうことです。企業研究ができていないまま面接を受けても、採用担当者を満足させる受け答えができず、いくら魅力的な資格をゲットしていても不採用になってしまいます。勉強をすることは入社してからでもできるので、まずは採用されるために必要なことを考えなければなりません。書類選考対策・面接対策と合わせて宅建対策を進めていくことが、不動産業界への転職活動では重要なのです。

転職が成功しない人に多い間違い!?

なかなか転職活動が成功しない人は、本当に必要なことが何なのか分かっていません。応募する会社との相性が良ければ、特別なスキルなどを身につけていなくても高い評価が受けられます。ただし、宅建の資格をゲットしていることが応募条件となっている会社の場合は、ゲットしていないと応募することができません。このような場合、事前にしっかりと勉強をしておくべきなのは当然です。

宅建の資格は簡単なの?

宅建の資格は、さまざまな試験の中では比較的短期間でゲットしやすいとされています。しかし、不動産や法律に関する勉強をしたことがない人は、最低でも数ヶ月は勉強しなければゲットできないのです。宅建の資格をゲットする必要性が高いなら、自分が勉強に使える時間がどのくらいなのかを考慮し、早めに勉強を始めなければなりません。